ごあいさつ

院長 佐伯 暢生(医学博士)

院長 佐伯 暢生(医学博士)

当院ホームページをご覧頂きありがとうございます。

2019年5月に明石市東仲ノ町において「さえき耳鼻咽喉科」を開院いたしました。大学病院、がんセンター、県立病院、神戸百年記念病院で数多くの手術も行ってきました。

大学病院・がんセンターでは頭頸部腫瘍の診断から手術を含む治療を、前病院の神戸百年記念病院では耳鼻咽喉科部長として様々な治療をしてきました。

特に、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎に対し、内視鏡下鼻内手術(ESS)・下鼻甲介焼灼術・後鼻神経切断術(経鼻腔翼突管神経切除術)・鼻レーザー治療、睡眠外来での睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対するCPAPを含む治療、補聴器相談、嚥下外来の開設・嚥下リハビリ入院の導入などを数多く行ってきました。内視鏡下鼻内手術(ESS)は年間100鼻以上の手術を経験しました。

JR明石駅・山陽明石駅から徒歩1分のところにあり、どなた様でもご負担少なく通院いただけます。患者さまの症状をお伺いし、とにかくわかりやすく的確な説明を心がけ、ひとりひとりに合わせた最適な医療を提供していきたいと考えています。

地域の皆様に信頼頂けるクリニックになるようスタッフ一同頑張ってまいりますのでよろしくお願い申し上げます。 どのような些細なことでも、是非お気軽にお声かけして頂ければ幸いです。

当院ホームページをご覧頂きありがとうございます。

2019年5月に明石市東仲ノ町において「さえき耳鼻咽喉科」を開院いたしました。大学病院、がんセンター、県立病院、神戸百年記念病院で数多くの手術も行ってきました。

大学病院・がんセンターでは頭頸部腫瘍の診断から手術を含む治療を、前病院の神戸百年記念病院では耳鼻咽喉科部長として様々な治療をしてきました。

特に、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎に対し、内視鏡下鼻内手術(ESS)・下鼻甲介焼灼術・後鼻神経切断術(経鼻腔翼突管神経切除術)・鼻レーザー治療、睡眠外来での睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対するCPAPを含む治療、補聴器相談、嚥下外来の開設・嚥下リハビリ入院の導入などを数多く行ってきました。内視鏡下鼻内手術(ESS)は年間100鼻以上の手術を経験しました。

JR明石駅・山陽明石駅から徒歩1分のところにあり、どなた様でもご負担少なく通院いただけます。患者さまの症状をお伺いし、とにかくわかりやすく的確な説明を心がけ、ひとりひとりに合わせた最適な医療を提供していきたいと考えています。

地域の皆様に信頼頂けるクリニックになるようスタッフ一同頑張ってまいりますのでよろしくお願い申し上げます。 どのような些細なことでも、是非お気軽にお声かけして頂ければ幸いです。

資格
  • 日本耳鼻咽喉科頭頚部外科学会専門医・研修指導医
  • 日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医・指導医
  • 補聴器適合判定医(厚生労働省認定)
  • 補聴器相談医(日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会認定)
  • 日本がん治療認定医
  • 騒音性難聴担当医(日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会認定)
  • 身体障害者第15条指定医
  • 難病指定医、難病医療費助成指定医療機関
  • 嚥下機能評価研修修了
  • ボトックス施注認定
  • 緩和ケア研修修了
所属学会
  • 日本耳鼻咽喉科頭頚部外科学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本鼻科学会
  • 日本嚥下医学会
  • 日本頭頸部外科学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会

副院長

こんにちは、水・土曜日の診察を担当しています女性医師です。

耳鼻咽喉科は、怖いというイメージを持つ方が多いと思います。できるだけ柔らかく診察をして、恐怖心を減らせるように心がけています。 それでも、お子様は初めのうちは泣きます。ごめんね(涙)と心から思いますが、自分の子供だと思って、後で楽になるように処置をしています。 みんな数ヶ月で慣れてくれますので、ご安心ください。

また私自身もダニアレルギーですし、私の子供にも、もれなくアレルギーが遺伝し、アトピーや喘息などいろんな事に困っている最中です。 その経験を活かして、なぜ困っていて、どんな治療が最適かを、医師、患者さま、ご家族の立場から常に考えることを大事にしています。

耳鼻科の症状は、耳鳴、めまい、のどの違和感など、心身面から発症するものもたくさんあります。
診断やお薬を出すだけではなく、この先生の顔をみると、なんだか症状が良くなる、そんな存在を目指して日々診療しております。お困りの方はどうぞご相談ください。


経歴
  • 神戸海星女子学院高校 卒業
  • 神戸大学医学部医学科 卒業
  • 兵庫医科大学、神戸百年記念病院、宝塚市立市民病院、西脇市立市民病院などで診療を担当。
所属学会・資格
  • 日本耳鼻咽喉科頭頚部外科学会専門医
  • 騒音性難聴担当医(日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会認定)
  • 身体障害者第15条指定医
  • 嚥下機能評価研修修了
  •  
  • 日本耳鼻咽喉科頭頚部外科学会
  • 日本アレルギー学会

医師 小松弘和

医師 小松弘和

医師 小松弘和

皆様はじめまして。
平成16年神戸大学卒、働き盛りの耳鼻科医師、小松弘和と申します。

「耳鼻咽喉科」は「はな・みみ・のど」と範囲が広いですから、ひとくちに「耳鼻科医」といっても得意分野があります。私の場合は大学病院やがんセンター、西神戸医療センターなどの主要病院でながく勤務していましたので「のどのがん」の診断・手術・治療にとくに自信をもっております。また直近2022年7月まで丹波市の勤務経験により高齢者の「飲み込みにくさ(嚥下障害)」の診療にも、検査・リハビリテーションを中心に深くたずさわってきました。

もちろん風邪や中耳炎、めまいなどの一般的な耳鼻科診療も毎日おこなってまいりました。子供さんにも「こわくない」「いたくない」処置を心がけています。

私の診療でのモットーは「丁寧な説明」と「患者様に満足頂く」こと。理想とする医師像は「困った時に相談できる医師」です。患者様の困っていることを一つ一つ解決していく診療を基本にしています。

私がさえき耳鼻咽喉科での勤務を希望した理由は、院長・副院長先生ともに幅広い知識に裏付けされた正確な診察・診断かつスピーディながら患者様への丁寧な説明をされており、クリニック全体としてのスムーズな診療で患者様をお待たせしないようなシステムが構築されており、明石市の医療に貢献されているという実感を受けたことが大きいです。

開業クリニックでの耳鼻科勤務経験は今回初めてとなりますが、私もさえき耳鼻科の一員としてスムーズな診療に貢献できるよう努めます。

どうぞよろしくお願いいたします。

皆様はじめまして。
平成16年神戸大学卒、働き盛りの耳鼻科医師、小松弘和と申します。

「耳鼻咽喉科」は「はな・みみ・のど」と範囲が広いですから、ひとくちに「耳鼻科医」といっても得意分野があります。私の場合は大学病院やがんセンター、西神戸医療センターなどの主要病院でながく勤務していましたので「のどのがん」の診断・手術・治療にとくに自信をもっております。また直近2022年7月まで丹波市の勤務経験により高齢者の「飲み込みにくさ(嚥下障害)」の診療にも、検査・リハビリテーションを中心に深くたずさわってきました。

もちろん風邪や中耳炎、めまいなどの一般的な耳鼻科診療も毎日おこなってまいりました。子供さんにも「こわくない」「いたくない」処置を心がけています。

私の診療でのモットーは「丁寧な説明」と「患者様に満足頂く」こと。理想とする医師像は「困った時に相談できる医師」です。患者様の困っていることを一つ一つ解決していく診療を基本にしています。

私がさえき耳鼻咽喉科での勤務を希望した理由は、院長・副院長先生ともに幅広い知識に裏付けされた正確な診察・診断かつスピーディながら患者様への丁寧な説明をされており、クリニック全体としてのスムーズな診療で患者様をお待たせしないようなシステムが構築されており、明石市の医療に貢献されているという実感を受けたことが大きいです。

開業クリニックでの耳鼻科勤務経験は今回初めてとなりますが、私もさえき耳鼻科の一員としてスムーズな診療に貢献できるよう努めます。

どうぞよろしくお願いいたします。

資格
  • 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会専門医・研修指導医
  • 補聴器相談医(日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会認定)
  • 身体障害者第15条指定医
  • 難病指定医
  • 嚥下機能評価研修終了
所属学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本頭頸部外科学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本嚥下医学会
  • 日本めまい平衡医学会
勤務歴
  • 神戸大学附属病院
  • 姫路医療センター
  • 兵庫県立がんセンター
  • 西神戸医療センター
  • 兵庫県立丹波医療センター

さえき耳鼻咽喉科の特徴はこちら


MENU

  • WEB予約
  • 自動音声予約
  • 電話